雨天時の注意

signboard factory

看板をで宣伝を行うなら雨に注意しましょう

看板は宣伝を行う際にはとても便利で使用しやすい道具です。
看板一つを置いておくだけで、沢山の方に宣伝を行う事が出来るので、費用面でもお得な宣伝方法として多くの方が仕事等を成功させる為に、宣伝用に作っています。
しかし、人目が付く位置に置いておく事になるので、雨には注意した方が良いです。
雨に何度も当たっていると、簡単にイラスト等が剥がれてしまったり、壊れてしまう場合があります。
そうなると作り直しになってしまうので、費用面で損をしてしまう所か、手間もかかってしまいます。
看板を雨から守るなら、専用の商品を購入するようにしましょう。
防ぐ為のシート等も販売されており、少し強めに降っている日に使用すれば、確実に守る事が可能になります。
他にも防ぐ為の商品は沢山販売されており、安い価格で販売されている商品も多いです。
評判にも差があり、高性能で評判が良く、ちゃんと守る事が出来るようになる商品もあるので、良い物を選ぶようにしましょう。

雨天時でも十分PRする看板のタイプとは

昼でも薄暗い雨天時では、いくら綺麗な看板であってもそのPR効果は薄れてしまうものです。
その原因としてはやはり、遠方からの視認性の悪さが真っ先に挙げられるところです。
白地のタイプで文字が大きくはっきりしていれば、雨天時でもある程度のフォローは可能なのですが、元々暗い地色のタイプであったり文字が小さかったりすると、ただでさえ薄暗い上に水滴でけぶって、余程近寄らないと視認出来ないのです。
こうした不利に対する一つの解決策としては、前述の様に全天候で効果を発揮する、明るい地色と大きな文字の看板を採用する事が挙げられます。
また経済的に余裕があれば、多少の暗さでも十分に目立ち、色彩も綺麗なLEDタイプの看板を導入するという方法も視野に入ってきます。
いずれにせよ、曇り空に溶け込み易い袖タイプよりも、地面とのコントラストで見分け易く、かつ無理無く視界に収められるスタンドタイプの方が、雨天時のPR度は高いと言えるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

軽井沢の不動産なら
https://www.shinkofudousan.jp/

Last update:2017/4/12